【健康と福祉の広場】


《Yokohama Drainage》の提言

企業活動の源は社員の皆様の健康です。
身体の健康と心の健康。
経営状態の良好な企業は、社長はじめ社員の皆様が心身ともに元気です。

しかしながら厳しいビジネス環境。
長時間労働から生じる慢性的な疲労。
肩こり・腰痛でさえ放置や我慢は禁物です。頸肩腕症候群として労災の業務起因性が認められるケースもあります。
さらに疲労が蓄積されて、脳梗塞や心筋梗塞など重篤な発症することもあります。
最悪、死に至る場合もあります。
また労災は工事現場や工場などで起きる事故による負傷に限りません。

職場環境の変化や仕事のストレスでうつ病など精神疾患を発症し、労災申請する件数が年々増加しています。
労災保険の加入は当然の義務です。
定期健康診断に併せて、心身の悩みを早いうちに専門医の先生などに相談しましょう。


【野沢3丁目内科】


労働政策研究・研修機構の調査に対して、心の不調を抱える正社員が「職場にいる」と回答した事業所は、全体の57%に達しています。
また、厚生労働省は「糖尿病」「がん」「脳卒中」「急性心筋梗塞」の4大疾病に「精神疾患」を加えて、5大疾病とする方針です。(糖尿病患者237万人に対して精神疾患は323万人です)
「内科・消化器内科・心療内科」野沢3丁目内科の柳川先生をご紹介致します。





《Yokohama Drainage》の情報発信

@通所介護
A在宅訪問マッサージ
B高齢者住宅
C統合医療
D高齢者の食事

【シルバーメディカルサービス】


東京・神奈川・千葉・埼玉でデイサービスセンター (通所介護・介護予防通所介護)を展開されています。
高齢者の方々が元気に集っていらっしゃいます。
ネットやパンフレットだけではお伝えしきれません。
ぜひ一度、ご見学に行かれることをお勧め致します。

【リードアンドカンパニー】


東京女子医大准教授川嶋先生が代表理事である「一般社団法人ホルミシス臨床研究会」で理事をなさっている村田昭久氏が社長さんです。
「ラドン温浴」施設運営と医療機関や介護施設などに「ラドン温浴」導入普及活動をなさっています。
患者の利益を常に最優先に考えて、現代西洋医学による治療に併せて、ラドン温浴により癌や腎臓病、潰瘍性大腸炎などの治療に効果をあげられています。